麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

地雷原で汚いアガリをたくさん拾う

地雷原の中で汚いアガリをどれだけ拾えるかの勝負 

卓のレベルが高まるにつれ、全員の押し引きや読みは正確さを増していきます。

 

「メンタンピン三色」

「メンピンイーペードラ」

などを筆頭に、いわゆる綺麗な手で両面をアガる というのが卓のレベルが高くなるほど難しくなっていきます。

綺麗な手はアガれれば気持ちいいですが、そんな手はほとんどの場合誰でもアガれるわけで、そういったところでは差がつきません。

 

 

差が付くのは、汚いアガリ、

鳴き三色、鳴きイッツー、役牌バック、チャンタ、遠い食いタン、回し打った末の出来合いカンチャンや単騎など、

ギリギリのアガリたちです。

 

 

ポーカーでいうなら、ブタやワンペアの手で勝ちをもぎ取るようなものです。

 

普通はオリに回るような手で、いかに、1000点や2000点をもぎ取るか?

いかに場をかく乱し、他家の読みを混乱させ、判断を誤らせ、放銃に誘い込み、または降ろし、1000点や聴牌料をもぎ取れるか?

 

 

特に、鳳凰卓の東風戦ともなると、1000点の差や席順の差で順位が決まることも多く、

ほとんど全員がそれを熟知しているため、

卓はまさに「地雷原」という言葉がふさわしい状態となります。

 

 

 

全員が鳴き散らかして、何をしているか分からないような捨て牌で

しぶとく回しながら聴牌を狙ってくる複雑な場においては、

 

簡単なことのように言われている、

「他家の聴牌気配を見極めて、自分の待ちと打点を考慮して押し引きする」

ということさえ、困難になります。

 

危険牌を切らないようにしながら、聴牌とノーテンを繰り返し、

隙あらばゾンビのように復活してくるのです。

 

 

鳳東卓はいつもこんな感じです。

f:id:yukichi030:20151207145216p:plain

自分の手がまとまる頃には、他家の1人か2人には手が入っているのです。

この状況で誰が聴牌気配で、誰に何が危ないか、

そしてこの点数状況でどうするのが最適か、すぐに答えられますか?

これだけ複雑な状況ですから、すぐに分かるわけがないのです。

しかも、これは3人がほぼ同時にフーロを入れてこうなっていますから、

実戦の数秒ではどれだけ難しいかは言うまでもないでしょう。

 

 

気持よくまっすぐ手を作って両面リーチ!

贅沢な複合系から最高形を作ってリーチ!

 

なんていうことはほとんどできません。

現実はマンガではないのです。

 

自分ばかりにいい手は来ませんし、

モブキャラや脇役などおらず、

全員が自分と同等以上の実力者なのですから。

 

ちなみに、先ほどの手を開けるとこんな感じです。

 

f:id:yukichi030:20151207145310p:plain

 

対面が聴牌、下家が今テン、上家がイーシャンテンです。

打点は自分が一番とはいえ、この地雷原のような中で放銃せずにアガリを取るのは

とても難しいことです。

 

 

 

少しでも読みの精度が高くなるように常に全員の動向を注視し、

通りそうな牌を見つけ、最高形を崩してでも、どんな汚い手格好になっても、

しぶとく生き残り、アガリを拾う。

 

 

一牌一牌、引くたびに、他家から出るたびに、判断していかなければいけないのです。

 

正解の道は局の中で何度も変わります。

 

先ほどまで通せなかった牌が通った、

他家がオリているのに気付いた、

最終手出しにより、想定されていた待ちの可能性が消えた、

他家の安牌手出しの瞬間ならこの牌は通せそう、

 

などなど。

 

教科書には載っていない、体系化が難しい場面はまだまだたくさんあります。

 

 

 

強者にも「牌効率やベタオリや基本」を強調する人がたくさんいますが、

私の経験上、それらだけでは、安定七段が精一杯だと思います。

 

 

それ以上の強さを持っている人は、(本人にも自覚がないかもしれませんが)

こういう地雷原のような場での、判断の正確さの積み重ねが

戦績にかなり影響しているように思えます。

ドンジャラ力

ドラが一九字牌の場合、ブラフ気味仕掛けの効果が高い

f:id:yukichi030:20151207144336p:plain

 

トップ目と接戦の東3局。穴だらけの手牌です。

 

 

f:id:yukichi030:20151207144412p:plain

この8mを高速でチーします。

 

楽しい楽しいドンジャラの始まりです。

 

f:id:yukichi030:20151207144457p:plain

8sもチーします。

一見、出るポン見るチーで、超初心者のような麻雀です。

 

ですが、この仕掛け他家から見るとどうでしょう。

 

f:id:yukichi030:20151207144534p:plain

ライバルの対面から見た図です。

純チャンチャンタ、三色の可能性がある仕掛けですが、どれなのかまだ絞れません。

一通は一番想像しにくい形にみえます。

 

ドラが1pなので、打点も高い可能性があり、厄介です。

もし、この手にドラの1pを持ってきてしまったら、

親に対して切れるでしょうか?

12000放銃の可能性が十分あるため切れないと思います。

そこで、この手は死にます。

 

 

このように、ドラが端牌や字牌の場合には、

チャンタを匂わす仕掛けは効果が高くなります。

 

 

 

f:id:yukichi030:20151207144619p:plain

高速テンパイ。 

この時点では、待ちは誰にも読めません。

 

上級者ほど頑張って読みますが、どうしても振りこんでしまうので、

精神的なダメージは点数以上のものがあります。

こういった1000点や2000点でラスを引かされることも何度もあるからです。

 

固定メンツの多い鳳凰卓などでは、

こういった仕掛けに苦手意識を持っている人が多いのが分かります。

 

ほとんどノータイムで打っていた相手が、何度も対戦しているうちに

こちらの意味不明の仕掛けに長考するようになっていきます。

アイツの仕掛けは厄介だぞ・・と。

 

いつも気が抜けず、対応ばかりさせられ、気力・体力が奪われます。

気付くといつも卓はカオス。

不調などが重なると、あっという間に押し引きも崩壊します。

 

 

これぞドンジャラ力。

 

 

f:id:yukichi030:20151207144729p:plain

3着目の上家がテンパイしたものの、こちらの仕掛けを警戒してダマ。

この後、上家のアガリとなりました。

結果、1000点の横移動で親番を終えてオーラスに進むことができました。

汚い配牌のさばき

f:id:yukichi030:20151207143330p:plain

一人へこみで上3人が接戦の南2局。

汚い配牌です。

ここからどうすすめていくのがよいでしょうか。

 

 

f:id:yukichi030:20151207143402p:plain

発、123三色、789三色、チャンタなどがうっすらと見えますが、

8sと7pがトイツなので、チャンタ以外の場合にアタマとして使う展開になる可能性が高く、

まず789三色を見切ります。

 

f:id:yukichi030:20151207143455p:plain

3p引きで、下の三色とピンズの一通の可能性が高くなりました。

 

 

f:id:yukichi030:20151207143536p:plain

下の三色と一通とチャンタをみているので、2sはツモ切り。

 

f:id:yukichi030:20151207143713p:plain

この3sを鳴いて、どの役にも使わない7pを切ります。

アタマはまだ8sがあります。

 

 

f:id:yukichi030:20151207143800p:plain

6p引きで一通までイーシャンテンとなりました。

下の三色もリャンシャンテンで、次に2mか3mを引けばピンズが両面にできますが、

今回は三色は見切って打1mとしました。

 

 

f:id:yukichi030:20151207143855p:plain

絶好の赤5p引きで、3900テンパイ。

123sの鳴きで、8pの待ちも悪くありません。

7pが2枚切れていて迷彩にもなっています。

 

 

f:id:yukichi030:20151207143929p:plain

すぐに下家から出アガリとなりました。

 

 

今回のように、複数の3色、チャンタ、一通、役牌、など

一つ一つの可能性は薄くても、「どれかが成就する可能性」はそれなりにあります。

丁寧に可能性を残しておくことが大事です。

 

 

毎回このように上手くいくことはないですが、

あの配牌を5~6回に1回でもアガリにつなげられれば、

かなりの収入になるので、諦めずに狙っていきたいところです。

 

 

こういうアガリには、点数以上の精神的ダメージも期待できます。

手出しツモ切りを見抜かせない

手出しツモ切りを安易に見抜かせない

信じられないかもしれませんが、「手牌を切る速度」が勝負に直結することがあります。

f:id:yukichi030:20151207110902p:plain

東風戦開局後、親が2000オールを上がって迎えた東1局①本場。

4sをチーしてマンガンテンパイした局面です。

テンパイして安心してはいけません。

「早く出せ~ツモれ~」などと祈る前にやることがあります。

 

このテンパイの直後に考え出すべきこと、それは、

この手牌の今後の変化について想定しておくことです。

 

ツモってから考えていては遅いのです。

それは、平場のように、相手を待たせないように、とかそういったマナー面の意味ではなく、

2フーロからの手出しは、読まれて和了率を大きく下げる」ので非常に損をするからです。

特に、打点が高い今回のようなケースでは、アガれないことで大きく損をすることになります。

 

テンパイ後も手牌の変化を想定することの重要性

この手牌の変化を考えてみます。

f:id:yukichi030:20151204140332g:plainf:id:yukichi030:20151204140332g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151202133508g:plainf:id:yukichi030:20151203114616g:plainf:id:yukichi030:20151203171825g:plainf:id:yukichi030:20151203171825g:plain

 

この手では、ドラf:id:yukichi030:20151203171825g:plainとのシャンポン待ち、しかもドラでアガっても点数が変わらないケースのため、

ドラ待ちになっているのはアガりにくい分マイナスです。

マンズを動かしてアガりやすい形にしたいところ。

 

そこで、真っ先に思い浮かぶのはマンズの両面化です。

つまり、f:id:yukichi030:20151202125445g:plainf:id:yukichi030:20151203114542g:plainをもってきた場合です。

 

場をみると、6-9m待ちも、5-8m待ちも悪くありません。

現状、これらの牌を引いたら、待ちを変えることになります。

 

想定するケースはまだ残っています。

f:id:yukichi030:20151202125427g:plainf:id:yukichi030:20151202132101g:plainを引いた場合のカンチャン待ちです。

これらも、待ちが悪くないことから、現状、これらの牌を引いたら、待ちを変えることになります。

 

もちろん、この後の場況によってどうするかは変わりますので常に考えておかなくてはなりません。

 

---------------------------------------

さて、ここからが、この記事の核心となります。

 

上記の待ち変えをした場合、他家からどう見えるでしょうか?

今回の場では、いち早く2フーロしており、打点も分からないことから、当然、警戒されます。

特に、フーロ時の手出し牌と、その後の手出し牌の付近はマークされます。

 

マンズを引いて、f:id:yukichi030:20151204140332g:plainを切れば、f:id:yukichi030:20151204140332g:plainの周辺は警戒され、アガリにくくなります。

 

そのため、テンパイ後はかなり早いテンポで切り、もうテンパイだから機械的にツモ切っているのだと思わせ、その中に高速手出しを混ぜることで、少しでも他家が手出しツモ切りを見えにくくすることが肝心なテクニックとなります。

 

具体的な方法

f:id:yukichi030:20151207111623p:plain

対局前に、「卓をダブルクリックでツモ切り」の設定をしておき、上の画像の白△の位置にマウスカーソルを置きます。

f:id:yukichi030:20151202125427g:plain f:id:yukichi030:20151202125445g:plain f:id:yukichi030:20151203114542g:plain f:id:yukichi030:20151202132101g:plainが来たら、すぐ下のf:id:yukichi030:20151204140332g:plainを音速でクリック、

それ以外の牌が来たら音速でダブルクリックします。

(7pと6pの空切りはこの時点では、無駄にテンパイ気配を強めるだけなので必要ありません。7mを切った後に引いた場合空切りします。)

 

f:id:yukichi030:20151207111754p:plain

このf:id:yukichi030:20151202132101g:plainツモが見えるか見えないか、といったタイミングで、一瞬の躊躇もなくf:id:yukichi030:20151204140332g:plainをクリックします。

成功すると、天鳳の仕様上、ミスクリックのときのように高速で牌が捨てられ、手出しツモ切りが非常に見えにくくなります。

 

これくらいの緊張感で構えておかない限り、一瞬のためらいが生じてしまい、手出しツモ切りが見えにくいタイミングを逃し、失敗に終わります。

 

鳳東九段をも仕留める効果があります。

ここまでの説明を見て、「そんなセコイことやったって大して効果ねえだろ」と思われるかもしれません。

しかし、下の画像を見てください。

f:id:yukichi030:20151207112038p:plain

このように、鳳東に常駐する九段レベル(天鳳位に準ずるレベル)でさえ、放銃します。

このときの九段の手牌を見てみましょう。

 

f:id:yukichi030:20151207112127p:plain

なんと、テンパイしていないどころか、前巡の赤5mをみればわかるように、オリていることが分かります。

8mの放銃も、「前巡の赤5mが通ったことと、対面の5mを鳴いていないこと」から、通ると判断したものと思われます。

 


しかし、f:id:yukichi030:20151204140332g:plainが手出しであることをしっかり見ていたら、f:id:yukichi030:20151203114542g:plainを切ることはありえません。

 

つまり、鳳東九段でさえ、f:id:yukichi030:20151204140332g:plainが手出しであることに気付かず、

あるいは気付いても他家のことなど色々考えている一瞬の隙に起こったことに確信が持てず、

f:id:yukichi030:20151204140332g:plainの手出し情報を信じられなかったということになります。

 

--------------------------------------------------------

どうでしょうか。鳳凰卓など詰まった場では、こんなちょっとしたことで勝負が決まっているのです。

このくらい小さなことに全神経を注げない限り、この場で勝ち抜くことはできないということです。

鳴き読みによる待ちと打点の絞込み

f:id:yukichi030:20151207105015p:plain
※自家が7pポンして2枚目の打9s

 

下家が、1sをポンして打3sとしました。

自手が速度負けする可能性が高いので、今後の方針を決めるため、

この時点から、本格的に鳴き読みを開始します。

 

 

下家が多く晒しているソーズを中心に推理します。

 

最初に気になるのは字牌整理のあとの6sです。

これと字牌の切りを見ると、ホンイツはほとんど否定されます。

 

次に、6s切りが浮牌だったのか、ターツからの切りか、という点ですが、

直後の7sツモ切りから、孤立した浮牌だった可能性が、現時点では高そうです。

 

浮牌だとすると、6sは価値の高い浮牌なので、6s切りの時点で

ある程度しっかりした5ブロックが既に完成している可能性が高くなります。

(例外は、ドラ6mや赤の浮牌がある場合)

 

 

その前提のもとで、次巡に出された8pを見ると、

6sより8pの浮牌残す理由が見当たらないことから、

この8pは手牌の関連牌だった可能性が高いとわかります。

これにより、さらに「前巡の6sで浮牌整理が終わり、5ブロックが確定した」

読みの確度も高まります。

 

 

 

f:id:yukichi030:20151207105133p:plain

 

直後に、3pをポンして打7mとなりました。

下家は前回の鳴きから1巡もツモっていないので、推理しやすい状況です。

今回のポンにより、トイトイも警戒しなくてはいけなくなりました。

トイトイの場合、トイトイの手役を付けるために、

単純な牌効率上損な打牌をする可能性が高くなるということなので、

読みの難易度も上がります。

逆に、トイトイに向かうであろうことから、消去できる両面待ちやカンチャン待ちもでてきます。

 

 

さて、まず一目で分かるのは、ソーズ待ちの可能性はほぼ全滅したということです。

まず両面のを見てみると、3-6s、4-7、6-9sはルール上ありえず、

1-4は1sポンからの打3sにより否定され、

5-8sも前述の読みによりほとんどありえない状態です。

残る2-5sですが、トイトイを付けたいこの状況では、

f:id:yukichi030:20151202125926g:plainf:id:yukichi030:20151202125926g:plainf:id:yukichi030:20151202125949g:plainから3を切ることは考えにくく、

仮にその時点でドラの6mトイツだったとしても先に7mを切るのが自然なので、

この可能性もほとんど無くなります。

 

このことから、ピンズ待ちとマンズ待ちが濃厚だと読めます。

鳳凰卓のメンツの場合、このあたりまでの絞りこみは、ほぼ2~3秒で完了していると思います。

 

 

 

次にピンズとマンズを読んでいきましょう。

 

○再掲f:id:yukichi030:20151207105133p:plain

ピンズを読む際に注目するのは、8p切りと、自家の7pポンです。

8pは関連牌がほぼ確定しているので、最低でも6pは持っていると読めます。

 

899pの形からの打8pは、対面の9pを鳴いていないので、可能性が低くなります。

788からの8pは、序盤で7p3枚見えなので可能性が低く、

トイトイ可能性を残す意味でも先切りの可能性は減ります。

876からのカラ切りや、765へのスライドは、3pポンによってほぼ消えました。
(1000点の安手でアタマを鳴いてタンキ待ちにはしないため)

同じように、33468からの打8pも否定されます。

 

最も可能性が高いのは、f:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151203114616g:plainからの8p切りということになります。

その次に可能性が高いのは、f:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151203114616g:plainの形にf:id:yukichi030:20151202125826g:plainを引いての打8pです。

(上記より可能性が落ちますが、f:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151203114616g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plain引いての打8pもありえます。)

 

 

8p切りの時点から、1枚もツモッっていない=ピンズの未完成形orアタマが残っている可能性が大ということです。

端的に言えば、f:id:yukichi030:20151204135943g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plainのシャボと、f:id:yukichi030:20151202125826g:plainf:id:yukichi030:20151204135943g:plain両面は、相当危険だということです。

 

可能性としては少ないですが、11pのトイツもありえます。

今後1pが場に出ない場合、徐々に怪しくなっていきます。

 

最後に、マンズを読みましょう。

 

先ほどからの読みや、3フーロから考えても、7mが浮き牌ということはほぼありえないので、

7mもやはり手牌の関連牌です。

なので、残りの4枚はピンズの上とマンズの上となりますので、

 

1~4mは比較的安全になります。

また、マンズの両面待ちの可能性もほぼ消えます。

この巡目で5200~8000のシャボと、

1000点か2000点の両面の選択なら、

シャボに受けるのが自然だからです。

 

 

残る5,6,8、9mですが、

6mトイツのシャンポン>>9mトイツのシャンポン=5mトイツのシャンポン>8mトイツのシャンポン

の順に危険になります。

6mはドラなので当然危険、

5と9は残っていても自然な牌、

8mトイツは、78の両面に受ける人も数の中にはそれなりにいそうな分、

やや可能性が下がる印象です。

 

 

これまでの読みをまとめると、

66pとマンズのシャボで打点5200が本命

56pとマンズの55mか99mの4-7p待ちが次点

11pと66pのシャボ、11pとマンズのシャボ、11pとマンズの両面が穴

 

といったところです。今後の場況によって、さらに可能性が絞られていきます。

 

このように、一見ピンチですが、かなりの牌が通せるので、しばらく押せるのではないでしょうか。

待ちの絞込み②

f:id:yukichi030:20151207105743j:plain

下家が、西を手出ししたところです。

この下家の待ちを絞りこみます。

 

まずは、安牌の西を手出ししたので、これまでの下家の捨て牌のマタギ

待ちになっている可能性が低くなります。

参考:安牌手出しにマタギなし

 

タンヤオ気配なので、端牌は当たらないとして、

3pのマタギの2pが通るかを確認します。

確認するポイントは、「3pが切られた時点で3pが場に出ているか?」です。

 

対面が3pを二枚切っていますが、いずれも下家が切った後なので、

3pを先切りするメリットは特に無かったことになります。

なので、2pは通りやすい牌であることがわかります。

 

 

次に、ドラの8mの後に3pが切られた理由を考えます。

孤立牌同士の比較で、

ドラ8m>3pとなる可能性は低く、

3pは手牌の関連牌だったことになります。

ですが、3pのマタギの可能性が低い。

ピンズのメンツが完成しているとしても、8mや3pより西を残す理由がない。

 

 

となると、残る可能性は、トイツを含むターツが一つで、5ブロックが揃っている手格好からの、

愚形ターツからのアタマ固定です。

 

f:id:yukichi030:20151202125644g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainといった形から、アタマを固定したということです。

 

f:id:yukichi030:20151202125644g:plainf:id:yukichi030:20151202125845g:plainf:id:yukichi030:20151202125845g:plainなら、さすがに両面変化をみて西よりも3pを残しますし、

 

今回はタンヤオ仕掛けのためf:id:yukichi030:20151202130436g:plainf:id:yukichi030:20151202130436g:plainf:id:yukichi030:20151202125644g:plainもありません。

 

つまり、ほぼf:id:yukichi030:20151202125644g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainからの打3pということがわかります。

 

残る形が複合ターツならf:id:yukichi030:20151202125644g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainf:id:yukichi030:20151202125826g:plainも手に残しておきたいので、

 

残る形はほぼ、複合でないターツであることが分かります。

 

以上の情報から待ちとして残りやすい形を絞りこむと、

マンズ⇒45m、34m、23m(56mはさすがに8mを残すので、可能性は少し下がります)

ピンズ⇒なし。(67pは、55pがあるので可能性が若干下がり、78pは直前の6pをチーしていないので無し)

ソーズ⇒45s(34sは、13446sから1sを切っていることになり、若干不自然なため可能性は下がります)

の4スジとなります。

 

ラス目であり、下家は打点も安そうとはいえ、

バラバラの手から放銃してオーラスのまくり条件を悪くしたくはないところです。