読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

打点よりも手役の保険をかけるべき状況

次世代麻雀技術

f:id:yukichi030:20151205085019p:plain

ドラ東のトイツで好配牌だったものの、りゃンシャンテンのまま中旬に差し掛かった場面。

 

そこで、上家から3mが出ました。

 

 これは鳴きますが、赤使いの45mのチーで良いのでしょうか?

 

45mでチーした場合の未来を考えてみましょう。

 

アガリがあるとすれば、役が東しかないので、東の居場所次第となります。

 

ここで、残しておいた2mが生きます。

 

ここで、24mでチー、打赤5mとした場合、

3sや6sをチーして3色の聴牌にとることができます。

もちろん、東が鳴けたりアンコになってもOKです。

 

3色の場合、打点は3900に落ちますが、

アガれない場合と比べ、十分大きな得点です。

 

東が付く場合は赤が無くてもマンガンありますので、打点の差はありません。

 

このように、役牌がらみの手の場合、役牌以外の手役が付けられないか

 

常に考えて手を進めることが重要です。

 

特に役牌がドラやダブ東の場合には、他家が絞るケースも多いので、忘れないようにしましょう。