読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

手出しで待ちを知らせる

手出しで待ちを知らせるべき場合

f:id:mahjong-yomi:20151207164908p:plain

 

上家が大三元をアガり、ダントツのオーラス、上家からの手厚いアシストや差込みが期待できる局面です。

 

予想通り、上家がアシストしてくれたのでテンパイまで到達しました。

 

そこで、4pを引いてきました。

 

このままツモ切ってしまいそうな局面ですが、

ここでは、あえて4pを手出しします。

 

少し間を開けて切るとなおよいでしょう。

 

残り4枚からの手だしは、ほぼ確実に手の待ちと付近ということがわかります。

手出しをしない場合、

まだ、2-5s、4-7s、4-7m、2-5mなどが残っているため、

上家の差込が遅れ、親にアガられてしまう可能性が高まります。

 

この局面で4pを手出しすれば、

持っていさえすれば、ほぼ確実に2-5pか3-6pから先に切ってくれる場面です。