読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

役牌バックを見抜く

鳴き読み

f:id:yukichi030:20151207103239p:plain

 

全員が30000点以内で迎えたオーラス。

全員が仕掛けて混戦模様。

1000点アガリでトップを決めたいものの、放銃には気をつけたい局面。

特にドラを使える上家と、親の高打点には気をつけたいところ。

 

親からここで9sが手出しされました。

 

 

タンヤオで仕掛けているのに、3m5mや5pといった

たくさんのタンヤオ牌より9sを持っておくのは考えにくく、

トイトイだったとしても2枚切れの9sを持つのは不自然。

これだけアガリが必須の局面では、最大限アガリ率を高めるべく、

変化や渡りを考えてどれかのタンヤオ牌と入替えるのが自然です。

 

つまり、この手出しによってタンヤオの可能性は消え、

ダブ東バックが濃厚ということが判明します。(中バックの可能性も、少しだけ有り)

東暗刻にしては、真ん中を切りすぎています。

 

 

親の仕掛けはタンヤオ気配だったので、危ない牌を引いたら2mで回る予定でしたが、

これを見て、数牌は全押しすることにしました。

ドラも3枚見えたため、上家の打点もそれほど怖くなくなったことも好材料です。

 

 

 

この局は、467mがポンされていて、マンズがほぼ使えなかった等の理由も大きいですが、

通常アガリ率を最大限高めたい場面では、このように役牌バックを読まれないように、

捨てる順に気を配りたいところです。

 

 

 

逆に、字牌が見えていない局面で、端牌を手出しすることで、

役牌バックを警戒させることができるケースもあるということです。

 

 

○ケース2

 

f:id:yukichi030:20151207103543j:plain

ラス目の下家が2つチーして打1sとしたところ。

ぱっと見、タンヤオの仕掛けに見えますが、

これも役牌バックが濃厚の仕掛けです。

 

それは、最終手出しの1sを見れば分かります。

タンヤオが確定している場合に、4mの後に1sが手出しされることは通常ありません。

1sが使えない以上は危険牌でしかないからです。

ですが、1sが使える可能性があるならば、イーシャンテンあたりまで持っているのは自然です。

ということは、1sが使える可能性のある形、つまり役牌がらみの手だと読めます。

 

残っている役牌は発なので、発バックの可能性が大です。

 

発の暗刻が最初から手にあった場合、手順が少し変になります。

2pを切った時点で5ブロックあったのなら、

こちらの3巡目の3pを既にチーしていたはずです。

 

今になって3pをチーしたのは、赤5の浮き牌に4を引いてきた可能性が大。

つまり、2pと赤5pが孤立牌だった状態で2pを切ったということです。

通常、発が暗刻になっていれば、安全牌が確保できているので目一杯

に構えるはずで、孤立2p⇒白⇒中という順になることはありません。

 

(途中で重ねて発の暗刻の可能性は少しあります。)

 

なので、下家の手は高確率で発バックだと読めることになります。

こちらもテンパイ間近で、めくり合いも有利なので、数牌もバシバシ切っていきます。