読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

差込が有効となる分岐点

アシスト・差込み

マンガン差込みでも得なケース

差込が得になると思われるケースのうち、極端な事例を紹介します。

f:id:mahjong-yomi:20151207165721p:plain

 

東風戦のラス前、自家がダントツトップ目です。

トップ目は親を流すことが第一で書いたように、トップ目を上がらせないようにしつつ、

チャンスがあれば自分でも局を流しにいきます。

 

ところが、中盤に差し掛かった頃(この場面の前順)、親が発をポン。手が進んでしまいました。

点差は十分にあるので、仮に親にアガられても、次局以降に十分トップは狙えますが、

この点差からの逆転は親の連荘がほとんどであることを考えれば、できる限り親は流してしまいたいところ。

 

そこで、対面のソーズ染め 聴牌気配に対して、危険な34sを打ってしまいます。

順番は、より危険な3sからです。

 

当たれば3,900(7割程度)か8,000(3割程度)ですが、

 

8000放銃の場合を考えると、

対面との点差は、23700-16000=「7700点差」となり、自家が41100点持ちになります。

 

なので、次局に他家に7700放銃しても席順でトップになれる有利なな点差がキープできます。

 

さらに、上家と下家の点差が2000点未満であることから、

次局の展開がラス回避競争になり、高い手が出にくく、

安手の早期決着になりやすいと想定することができます。

いわば、ライバルのラス親にとっては、四面楚歌ならぬ、三面楚歌の状態になるわけです。

こちらにとっては、脇の2人が味方になるということです。

 

 

以上のことから、仮に8000点放銃しても、1局流す価値は十分にあるといえます。

そしてソーズが通った場合には自分のアガリ目もみえてきます。

 

このようなときに、トップ目だから、染めだから、と機械的にオリないように注意することで、着順を上げられる可能性が高まります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207165815p:plain