読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

字牌が鳴きづらい場

絞り

字牌が鳴きづらい場の判断

f:id:mahjong-yomi:20151207163733p:plain

点差が離れ、苦しいラス目で迎えた東3局。

ドラ役牌やホンイツが狙える手で3sを引いたところ。

 

この局面は、全員の点差が特徴的です。

下位3人が約1万点差、

2着目とトップは約2万点差あります。

 

下位3人は、それぞれある程度の打点が欲しい局面であり、

高打点の分かれ目はドラの白の所在です。

 

親は放銃しないことが第一の局面です。

 

 

 

そして、対面は序盤早々に1mをポンして染め気配。

 

このような状況を勘案すると、

高打点をアガるにも守るにも、白は切らないことが得であるため、

ドラの白は場に出にくい状況であることが分かります。

 

さらに、自手は南もトイツであり、

対面の染めがあるため、この南も場に出にくい牌になっています。

 

このように、場にでないトイツが2組あるため、

このままホンイツに向かったとしても、テンパイどまりになってしまう可能性が高いと思われます。

 

そこで引いてきた3sを活かし、チートイツのイーシャンテンにとります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207163819p:plain

 

もし、南か白が出れば鳴いていきます。 

アガリを狙っている間は、1pと9pからは仕掛けません。

(場況による例外はいつでもあります。)

 

 

そのまま中旬までもつれ、

最終的に2sテンパイでアガることができました。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207163849p:plain

 

今回の局面は、局状況や全員の点差、ドラが絡み、

手の字牌が鳴きにくい局面の代表例です。

 

このような局面では、字牌を鳴く必要のないチートイツを意識しておくと、

このようにアガれるケースがあります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207163917p:plain