読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

地雷原で汚いアガリをたくさん拾う

東風戦の技術

地雷原の中で汚いアガリをどれだけ拾えるかの勝負 

卓のレベルが高まるにつれ、全員の押し引きや読みは正確さを増していきます。

 

「メンタンピン三色」

「メンピンイーペードラ」

などを筆頭に、いわゆる綺麗な手で両面をアガる というのが卓のレベルが高くなるほど難しくなっていきます。

綺麗な手はアガれれば気持ちいいですが、そんな手はほとんどの場合誰でもアガれるわけで、そういったところでは差がつきません。

 

 

差が付くのは、汚いアガリ、

鳴き三色、鳴きイッツー、役牌バック、チャンタ、遠い食いタン、回し打った末の出来合いカンチャンや単騎など、

ギリギリのアガリたちです。

 

 

ポーカーでいうなら、ブタやワンペアの手で勝ちをもぎ取るようなものです。

 

普通はオリに回るような手で、いかに、1000点や2000点をもぎ取るか?

いかに場をかく乱し、他家の読みを混乱させ、判断を誤らせ、放銃に誘い込み、または降ろし、1000点や聴牌料をもぎ取れるか?

 

 

特に、鳳凰卓の東風戦ともなると、1000点の差や席順の差で順位が決まることも多く、

ほとんど全員がそれを熟知しているため、

卓はまさに「地雷原」という言葉がふさわしい状態となります。

 

 

 

全員が鳴き散らかして、何をしているか分からないような捨て牌で

しぶとく回しながら聴牌を狙ってくる複雑な場においては、

 

簡単なことのように言われている、

「他家の聴牌気配を見極めて、自分の待ちと打点を考慮して押し引きする」

ということさえ、困難になります。

 

危険牌を切らないようにしながら、聴牌とノーテンを繰り返し、

隙あらばゾンビのように復活してくるのです。

 

 

鳳東卓はいつもこんな感じです。

f:id:yukichi030:20151207145216p:plain

自分の手がまとまる頃には、他家の1人か2人には手が入っているのです。

この状況で誰が聴牌気配で、誰に何が危ないか、

そしてこの点数状況でどうするのが最適か、すぐに答えられますか?

これだけ複雑な状況ですから、すぐに分かるわけがないのです。

しかも、これは3人がほぼ同時にフーロを入れてこうなっていますから、

実戦の数秒ではどれだけ難しいかは言うまでもないでしょう。

 

 

気持よくまっすぐ手を作って両面リーチ!

贅沢な複合系から最高形を作ってリーチ!

 

なんていうことはほとんどできません。

現実はマンガではないのです。

 

自分ばかりにいい手は来ませんし、

モブキャラや脇役などおらず、

全員が自分と同等以上の実力者なのですから。

 

ちなみに、先ほどの手を開けるとこんな感じです。

 

f:id:yukichi030:20151207145310p:plain

 

対面が聴牌、下家が今テン、上家がイーシャンテンです。

打点は自分が一番とはいえ、この地雷原のような中で放銃せずにアガリを取るのは

とても難しいことです。

 

 

 

少しでも読みの精度が高くなるように常に全員の動向を注視し、

通りそうな牌を見つけ、最高形を崩してでも、どんな汚い手格好になっても、

しぶとく生き残り、アガリを拾う。

 

 

一牌一牌、引くたびに、他家から出るたびに、判断していかなければいけないのです。

 

正解の道は局の中で何度も変わります。

 

先ほどまで通せなかった牌が通った、

他家がオリているのに気付いた、

最終手出しにより、想定されていた待ちの可能性が消えた、

他家の安牌手出しの瞬間ならこの牌は通せそう、

 

などなど。

 

教科書には載っていない、体系化が難しい場面はまだまだたくさんあります。

 

 

 

強者にも「牌効率やベタオリや基本」を強調する人がたくさんいますが、

私の経験上、それらだけでは、安定七段が精一杯だと思います。

 

 

それ以上の強さを持っている人は、(本人にも自覚がないかもしれませんが)

こういう地雷原のような場での、判断の正確さの積み重ねが

戦績にかなり影響しているように思えます。