読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

南3局における展開読み

次世代麻雀技術

オーラスの状況を想定した手作り

f:id:yukichi030:20151204235241p:plain

上家がダントツ、3人が僅差で迎えた南3局、

 

ホンイツにもいけそうな手牌ですが、どう進めるのがよいでしょうか?

 

このような場合、オーラスの状況を想定します。

 

仮に2000点や2600点をアガった場合、

対面と5000点差以上、下家と700点差以上 程度の

僅差の2着目でオーラスを迎えます。

 

 

8000をアガった場合にはある程度余裕を持った点数でオーラスを迎えられそうです。

通常は、マンガンを狙っていったほうが得なケースが多いでしょう。

 

ですが、本局では上家がダントツのトップ目であることがポイントです。

上家が考えていることは、「親を流してのトップ終了」です。

 

鳳凰卓のようにメンツのレベルが高い場合、わざと鳴かせる

「アシスト」が期待できる状況だということです。

これだけ点差があれば、「差込み」までしてくれるでしょう。

 

 

なので、ここは目一杯速度を優先してよい局面です。

オーラスでも同様の展開が予想されます。

 

このような状況では、多少無理気味からでも鳴いていくことができます。

 

余剰牌を捨てる順序も、上家に「わかりやすい」ように工夫して捨てましょう。