読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

ラス回避の接戦

東風戦の技術

ラス回避の好局

 

めくり負け、ツモられ続きで、上下2人づつが競って迎えた東3局、

上位2人はトップ争い、下位2人はラス争いで、1000点差です。

 

100点でも上回れば、オーラスが断然有利になるので、

とにかくスピードが求められる場面です。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161514j:plain

下家の8mを躊躇なく仕掛けていきます。

打点無視で鳴ける場合の牌効率となります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161549j:plain

下家がオタ風を鳴いたことから、ソーズの染めが濃厚です。

 

今回のようにアガリ競争の場合、鳴かれない順に切ることがほとんどの場面で有効です。

 

ターツが揃っていない可能性が高い状況(1、2,8、9牌のバラ切り)では、

先切りが有利になる状況もあります。

なので、ここでは4巡目に鳴かれていない9sから切ります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161617j:plain

テンパイしたのでここからはほぼ全押しとなります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161636j:plain

終盤になり、今度は下家視点です。

2sを引いてきたところですが、

3-6sと2-5sが危険と判断して、中を切ってフリテンに構えます。

アガれなくとも、テンパイで流局すれば目的は達成できます。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161703j:plain

再び下家視点です。

最後のツモ番で再び2sを引いてしまいます。

2sか3-6をを切らないとテンパイが維持できません。

ノーテンの場合、差し引き3000点差がついてしまいます。

放銃しても1000点か2000点が濃厚。

なので、ここではオリる選択はなく、どちらかの筋を勝負する場面です。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161732j:plain

ほぼヒントがなく、どちらの筋も同じくらいの危険度。

2sを勝負しましたが、放銃となります。

最善を尽くしましたが、不運が重なり、ここは私に軍配が上がります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161800j:plain

続いてオーラス、下家が3順目に自風をノータイムで明カン。

1役30符しかないと、出アガリで1000点、ツモでも子と1400点しか縮まらず、直撃条件になります。

ドラも1mで使いにくく期待できないと判断したのでしょう。

カンすると、40符以上が確定し、ツモっても逆転となります。

さらに、カンドラも増え、逆転の可能性が飛躍的に上昇します。

 

こういう素人くさいカンも躊躇なく行うのは、状況とやるべきことが分かっている証拠です。

 

こちらの視点からは、現時点で1役しかないことや、ドラがないことが分かります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161836j:plain

下家とのスピード競争はここが正念場です。

ここから何を切ればよいでしょうか。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161858j:plain

この場況では打3pの一手。

3p、3s、8sはそれぞれ一長一短ですが、

打3pの下家に鳴かれないという利点が大きすぎます。

ロンは3人から出来るため、先にテンパイすると圧倒的に有利になります。

全員がアガリに向かっている今回のような局ではなおさらです。

 

なので、一手でも下家を遅くする工夫が必要です。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162027j:plain

実際に、下家は3sが欲しい手格好でした。

この一手の差が勝敗を分けます。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162103j:plain

7sをチーしてテンパイ。

鳴ける手では複合系が強く、単独出来メンツと浮き牌の価値が弱くなります。

場況にもよりますが、7889のような愚形でも、浮き牌より残しておくべきです。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162138j:plain

 

両者最善を尽くしたラス回避の好局でした。