読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

ベタオリ競争時のテクニック

f:id:mahjong-yomi:20151208132721p:plain

 

北家から早いリーチが入り、残り3人が引き気味に打っている局面です。

 

親への安全牌は、3m、678pの4枚あり、

 

前巡の3mの2連打からしても、3mを打ちそうなところですが、

 

ここでメンツ崩しで6pを打っています。

 

この打牌が最善かどうかはさておき、

 

この一手の意図を考えてみます。

 

まず、考えられるのは、4mが切りづらいので将来のケイテンなどのために

3mを一枚残して、678p落としを選択したという可能性。

 

そして、3mは場に3枚切れなので、自分がもう一つ切ると

1mがノーチャンスになってしまい、他家が1mを打ちやすくなり、

手が進んでしまったり、安牌が増えてしまう可能性があるため、

他家を制限するために678落としを選択したという可能性です。

 

 

 

さらに局面は進み、

 

その後の展開で、(プレイヤーの視点が変わっています。)

f:id:mahjong-yomi:20151208132818p:plain

ここで5sをチーして聴牌を取りにいきたいところです。

ですが、鳴いて何を切るのか迷うところです。

いったん、打8sとして聴牌したら最後に6sを勝負するか?

ワンチャンスの1pを2枚落とすか?

 

このようなとき、仮に下家が3pを切ってくれていたら、

1pがノーチャンスになり、かなり楽な状況だったはずです。

下家が3pを切らなかったことで、聴牌が向かいにくくなったのです。

 

 

 

このように、ベタオリしか手段がないような状況でも、

 

他家から見えるワンチャンスやノーチャンスをコントロールすることで、

 

他家の手詰まり率や放縦率を高め、聴牌率を下げることが期待できます。

 

 

聴牌料の有無は、特に東風戦では致命的です。

 

下家がもしこの3pを切っていたら、

「聴牌料の差でラスを引いた」とか、

「聴牌料の差で追い詰められ、押すしかなくなり放銃してラスになった」

 

という状況が起こる可能性が思っているより高まるのです。

 

 

ベタオリのときでさえ、たった1牌の手順前後で勝敗が分かれることを意識しましょう。