麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

チーとポンが選べる場合

チーもポンもできる場合、場況によって判断が変わる。

f:id:yukichi030:20151204234627p:plain

東1局、子の上家からリーチが入り、2sが切られました。

鳴いて打1sですが、

チーとポンのどちらで鳴いたほうが得でしょうか?

 

 

ポンの特徴は、

将来危険な5s、あるいは赤5sを引いたときに2s切りとして聴牌維持できる点、

他家の警戒が厳しくなる(ポンは安牌を2枚消費するため、チーより攻撃的に見える)点

などがあげられます。

 

 

チーの特徴は、

2sを安牌として3枚保存しておける点、

他家の警戒が緩い点

などでしょうか。

 

 

さて、今回の点数状況や場況をみると、

さらに、4sが現物で、3sもワンチャンスかつカンチャンペンチャン待ちもないのでかなり通りやすい牌です。

なので、ポンでもチーでも守備力に変わりがないことになります。

それどころか、将来的な5sをはじめ、6s、7s引きに対しても対応できる可能性があるポンのほうが

かなり有利になります。

 

 

このように、ポンとチーのどちらが有利かというのは、

場況によって左右されるので常に意識しておく必要があります。