読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

ダブルリーチをしない状況

天鳳・完全順位戦 技術

f:id:yukichi030:20151206171848p:plain

 

下3人が僅差で迎えたオーラス。

なんと第一ツモで赤5sを引いてテンパイしました。

 

嬉しくて即ダブリーしてしまいそうですが、

本当にこの状況でダブリーするのは得でしょうか?

 

打点はダブリー赤ドラで、字牌などが待ちならまだしも、

ドラそばのカン6p待ちといまいち。

トップ目の対面から直撃できるとは思えませんし、直撃でもマンガンなら届かず、偶然役が2つ必要です。

かといって、ツモってハネマンでも捲くることはできません。

 

つまり、ここでのダブリーの打点はほとんど価値がないと言えます。

 

 

ダブリーしない場合に起こりえる損失としては、

競っている脇が6pを出したのにロンできなかった場合です。

 

ですが、6pが序盤早々に捨てられることもあまりなく、

この損失も早い巡目ではそれほど大きなものとはいえません。

 

さらに、平場では押さえつける効果があるリーチも、この状況ではあまり効果がありません。

この点数状況では、下家はほぼまっすぐに向かってきます。

親もまっすぐとはいえませんが、ノーテンで負けなので

かなり向かってくることが予想されます。

 

なので、この状況では、序巡は両面変化などを待ち、

他家の字牌整理が終わる頃にリーチするかどうかを決めるのが、

バランスの良い判断なのではないでしょうか。

 

他家と不利な勝負になりそうなら、オリることもできます。

現状2位なので、放銃しなければラスになることはないのです。

また、ノーテンでも、親がテンパイなら次局があるため、

その心配も本局は必要ありません。

 

f:id:yukichi030:20151206172035p:plain

 

完全順位戦では、オーラスの2着目には(僅差であっても)かなりの価値があり、

このような判断の余地も生まれます。

 

 

 

同じ僅差のオーラス2着目でも、下のようなケースではダブリーとします。

f:id:yukichi030:20151206172122p:plain

 

親の立場からみると、最悪ハネマンツモでも2着をキープできるためオリ有利、

対面の立場でみても、3着キープできるためオリ有利、

ノーテンでも30000点到達者がいないため、即負けはないのでさらにオリが有利です。

 

なので、ほぼ下家との一騎打ちと予想できます。

1000-2000ツモや流局なら続行なので、オリる可能性すらあります。

 

カンチャン待ちとはいえ、今回は相当有利な戦いです。

こちらは偶然役が一つ付けばトップ終了です。

 

 

このように、細かい状況によっていくらでも結論は変わります。

 

いずれの場合にも共通して重要なのは、サイトの冒頭にも書いたように、

局と点数状況から他家の立場を読むことです。

 

これがすばやくできるかによって、方針の立て方や、

選択肢ごとのそれぞれの見通しがが正確になるからです。