読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

オーラストップ目北家の判断基準

絞り

f:id:mahjong-yomi:20151207163354p:plain

オーラストップ目北家の局面。

親が中を仕掛けています。

 

 

このような手で何を切るか?

 

 

この手では「打3m」の1択となります。

 

自分の手は実質3シャンテンの2シャンテンで、仮に最高のツモがきたとしても、

4m、9m、5p、や、ソーズのペンチャンを切っていくことになります。

 

これらを切って聴牌したとしても、高確率で親に鳴かれ、親と勝負することになります。

 

最高の想定ですらその条件なので、多くの場合は親に聴牌だけさせて自分はオリることになります。

 

親がアガっても局は進みませんので、自分の着順期待値だけが下がっていきます。

 

 

 

ですから、この状況では9mすら打たずに、親に絞ることだけに注力し、

対面と上家のアガりを待つことになります。

 

仮に流局しても、親がノーテンならトップであるところもポイントです。