麻雀の読み

実戦で効果の高い麻雀の読みを紹介

オーラストップ目北家の判断基準

f:id:mahjong-yomi:20151207163354p:plain

オーラストップ目北家の局面。

親が中を仕掛けています。

 

 

このような手で何を切るか?

 

 

この手では「打3m」の1択となります。

 

自分の手は実質3シャンテンの2シャンテンで、仮に最高のツモがきたとしても、

4m、9m、5p、や、ソーズのペンチャンを切っていくことになります。

 

これらを切って聴牌したとしても、高確率で親に鳴かれ、親と勝負することになります。

 

最高の想定ですらその条件なので、多くの場合は親に聴牌だけさせて自分はオリることになります。

 

親がアガっても局は進みませんので、自分の着順期待値だけが下がっていきます。

 

 

 

ですから、この状況では9mすら打たずに、親に絞ることだけに注力し、

対面と上家のアガりを待つことになります。

 

仮に流局しても、親がノーテンならトップであるところもポイントです。

鳴かせないための変化手順

f:id:mahjong-yomi:20151207162942p:plain

東風戦の東3局です。

現在、一人抜き出たトップ目で、下3人が並んでいます。

全員がアガリにくると想定される局面で、上家が染め気配で仕掛けており、スピードで一歩リードしているように見えます。

親は、標準的な捨て牌で、スピードも速いようには見えません。

こちらは、上家の染め気配をみて、河にマンズが並ぶことを予測し、

鳴きやすさ、将来の安牌確保、打点などを考慮して、やや強引に染め手に向かいました。

 

そして図の状況で、上家から2mが出ました。

当然、鳴きますが、鳴いて何を切るのが良いでしょうか?

 

牌効率から言えば、鳴いて6mを切る一手です。

しかし、この状況では、鳴いて打西のほうが有利に思われます。

 

その理由は、この局面では、親をアガらせないことの価値がかなり高いからです。

親は早そうには見えませんが、親にとってこの局はなんとしてでもアガってラス目を脱出したい局面です。

よって、この状況では、仕掛けられる手なら必ず仕掛けてきます。

タンピン系の捨て牌であることから、タンヤオ仕掛けは十分可能性があります。

これまでにこちらが捨てたたくさんのピンズとソウズの牌には声がかかっていません。

そろそろ手の中のターツもまとまってきていると思われ、

仮に鳴ける手だとすれば、6mと将来切られる可能性が高い8mの、少なくともどちらかはかなりの確率で鳴かれてしまうでしょう。

 

よって、ここでは、自分の有効牌 西1枚分(鳴き権利含む)を放棄しても、親に鳴かせないことを優先します。

上家も染め、こちらも染めをやっているので、西は出にくいので打西とします。

 

このように構えれば、将来の5m引きや4m引きも吸収することができ、鳴かせずに進めることができます。

ラス回避の接戦

ラス回避の好局

 

めくり負け、ツモられ続きで、上下2人づつが競って迎えた東3局、

上位2人はトップ争い、下位2人はラス争いで、1000点差です。

 

100点でも上回れば、オーラスが断然有利になるので、

とにかくスピードが求められる場面です。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161514j:plain

下家の8mを躊躇なく仕掛けていきます。

打点無視で鳴ける場合の牌効率となります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161549j:plain

下家がオタ風を鳴いたことから、ソーズの染めが濃厚です。

 

今回のようにアガリ競争の場合、鳴かれない順に切ることがほとんどの場面で有効です。

 

ターツが揃っていない可能性が高い状況(1、2,8、9牌のバラ切り)では、

先切りが有利になる状況もあります。

なので、ここでは4巡目に鳴かれていない9sから切ります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161617j:plain

テンパイしたのでここからはほぼ全押しとなります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161636j:plain

終盤になり、今度は下家視点です。

2sを引いてきたところですが、

3-6sと2-5sが危険と判断して、中を切ってフリテンに構えます。

アガれなくとも、テンパイで流局すれば目的は達成できます。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161703j:plain

再び下家視点です。

最後のツモ番で再び2sを引いてしまいます。

2sか3-6をを切らないとテンパイが維持できません。

ノーテンの場合、差し引き3000点差がついてしまいます。

放銃しても1000点か2000点が濃厚。

なので、ここではオリる選択はなく、どちらかの筋を勝負する場面です。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161732j:plain

ほぼヒントがなく、どちらの筋も同じくらいの危険度。

2sを勝負しましたが、放銃となります。

最善を尽くしましたが、不運が重なり、ここは私に軍配が上がります。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161800j:plain

続いてオーラス、下家が3順目に自風をノータイムで明カン。

1役30符しかないと、出アガリで1000点、ツモでも子と1400点しか縮まらず、直撃条件になります。

ドラも1mで使いにくく期待できないと判断したのでしょう。

カンすると、40符以上が確定し、ツモっても逆転となります。

さらに、カンドラも増え、逆転の可能性が飛躍的に上昇します。

 

こういう素人くさいカンも躊躇なく行うのは、状況とやるべきことが分かっている証拠です。

 

こちらの視点からは、現時点で1役しかないことや、ドラがないことが分かります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161836j:plain

下家とのスピード競争はここが正念場です。

ここから何を切ればよいでしょうか。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207161858j:plain

この場況では打3pの一手。

3p、3s、8sはそれぞれ一長一短ですが、

打3pの下家に鳴かれないという利点が大きすぎます。

ロンは3人から出来るため、先にテンパイすると圧倒的に有利になります。

全員がアガリに向かっている今回のような局ではなおさらです。

 

なので、一手でも下家を遅くする工夫が必要です。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162027j:plain

実際に、下家は3sが欲しい手格好でした。

この一手の差が勝敗を分けます。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162103j:plain

7sをチーしてテンパイ。

鳴ける手では複合系が強く、単独出来メンツと浮き牌の価値が弱くなります。

場況にもよりますが、7889のような愚形でも、浮き牌より残しておくべきです。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207162138j:plain

 

両者最善を尽くしたラス回避の好局でした。

他家にリーチ宣言させる

f:id:mahjong-yomi:20151207161207p:plain

 

下3人が僅差で迎えたオーラス、

自分は2着目なので有利ですが、

流局ノーテンでラスになる危険が残っているため油断はできません。

 

ペン3sでテンパイしているところに、上家から西が出ました。

 

普通にスルーしてしまいそうな場面ですが、

テンパイした以上は、ほぼ最後まで押すことになるため、ここはカンを検討してみたいところです。

 

カンの得ですが、

一つ目は、カンドラが乗れば、3900以上の直撃や1600-3200以上のツモでトップの可能性があることです。

 

もう一つは、上家と下家がテンパイしたときにリーチしやすくするためです。

特に、下家は、ラス目を1000点上回っているため、役ありでマンガンがないならダマにする可能性が高いです。

(他家がツモったり、流局した場合に席順で負けるため)

上家も、より確実にラス抜けするためにリーチしないかもしれません。

 

ですが、カンでドラが増えればトップも狙えるため、

期待感からリーチしてくれる可能性が高まります。

 

リーチしてもらえれば、こちらは助かります。

おそらく最後まで押すとはいえ、他家のテンパイを確実に知れることは大きく、

途中で超危険な牌をつかんだり、2軒リーチになった場合に、

回し打ちする選択肢がとれるようになる場合があります。

 

得点にほぼ関係なく、脇の2人にアガられれば3着なので、

少しでも、脇の2人のテンパイ状況を知ることができるのは大きいです。

汚い仕掛け&粘りの応酬

東風戦に多い、汚い仕掛けをしあう一戦です。

f:id:yukichi030:20151207145659p:plain

 

まずは下家のバラバラの手格好からのチーして打8p。

 

 

f:id:yukichi030:20151207145736p:plain

 

同巡、すかさず対面がその8pをチー。

 

2人の鳴きの影響で、まっすぐ手を進めにくくなりました。

 

f:id:yukichi030:20151207145812p:plain

 

相対速度を考慮して、前巡に通った打4p。

 

f:id:yukichi030:20151207145903p:plain

 

その後、対面が2pをチーして打発。

 

3枚切れの発なので、まだ大丈夫かな?という感じ。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160426p:plain

 

その後、さらに上家も6mをチーして参戦。場は混沌となっていきます。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160452p:plain

 

かなり苦しいですが、一番張っていそうな下家の現物から。

実際はまだ張っていませんでしたが・・

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160544p:plain

 

上家が手出しで4s切り。

これは下家と自分に対して強い牌です。

上家には3-6、5-8sを警戒しなくてはいけなくなりました。

56sと持っていても、上家下家どちらにも切れないので、鳴いて前進します。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160620p:plain

対面から打1p、ついにピンズがあふれたように見え、さらに場の緊張が高まります。

ですが、実は対面もドラをつかんで迂回。

手を開けてみれば全員が苦しいのが分かります。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160644p:plain

上家が3pを掴んで、4sで回りました。

これはちょっと変なトイツ落としなので、他家からも、回った可能性があるかな?と予想できます。

前巡の4sは危険な牌だったので、不本意な迂回だったのだと予想できます。

45sからの4s落としかな? というような予想です。

5s単騎の可能性などがあるため、油断はできません。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160707p:plain

 

ドラの2mが切れないため、下家も聴牌を入れられません。

 

実際にはこちらのほうが苦しいのですが、下家からはもうマンズが打てないような仕掛けに見えています。

ピンズも打てないので相当苦しかったはずです。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160740p:plain

上家の6sを見て、ピンズかドラを掴んで回ったものと確信。

強い6sですが、ラス目なので、安手でもこのくらい押すことは十分にありえます。

この巡目での不自然なターツ落としは、タンキ待ちかくっつき複合形の可能性大なので、それらに注意します。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160805p:plain

 

下家も手詰まり気味。2枚切れの北も切りたくないはずですが、マンズはもっと切れないと判断したということです。

仕掛けが他家からどれだけ警戒されているかを物語っています。

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160828p:plain

下家が完全に追い詰められて、打6m。

これは上家と自家のどちらにも危険ですが、ピンズよりはマシ、

上家に6mの2度受けがないだろうという薄い読みで切ったと思われます。

 

 

f:id:mahjong-yomi:20151207160856p:plain

 

疑心暗鬼の一局は、対面と上家のテンパイで終了となりました。

 

このような苦しい戦いの中で、

少しでも相手の手を止め、降ろし、

1000点や2000点を拾って大物手を蹴り、

あるいはテンパイ料をもぎとることがどれだけ難しく、価値があることか分かるかと思います。

 

 

東南戦や、赤なしや、面前チップ麻雀ではなかなかこのような展開にならないため、

スッキリ分かりやすい場になりやすく、こういった局面の重要性はあまり語られていないようです。

 

麻雀本に出てきそうな分かりやすい局面では正解を打てる人でも、

このような混沌が日常茶飯事の東風戦ではなかなか勝てない現象が起こります。

 

 

このような一局の巧拙が、鳳凰卓東風戦や、

新宿東風戦のような場での戦績を分けているような気がします。